レニフィルのゲーム日記

アクセスカウンタ

help RSS シュタインズゲートと映画バタフライエフェクト【ネタバレ】

<<   作成日時 : 2009/11/20 00:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 1

どうしても語りたいことがあり、ブログにて長文を書かせていただきます。
これから書く内容は
【シュタインズゲート】【映画バタフライエフェクト】【映画マルホランドドライブ】を
すべてプレイ、見た事ある方のみ進んでください。

全部のネタバレを満載で書き連ねます。
ネタバレきにしませーんという方は引き続き読んでいただけたらと思います。

あくまで、私の感想考え希望なので、本筋と違う事や感じ方の違いなど
読む方によって変わってくると思いますが、私の考えはそうなんだーと思っていただければ幸いです。













ここから

私は映画バタフライエフェクトが大好きで、以前も映画というカテゴリーで感想を書きました。
幼い頃に時々記憶喪失になる症状があり、それを治すために書いていた日記で、
大人になってから記憶だけを過去に戻せる力をてに入れたエヴァンのもがき、あがきの映画でした。

現在の世界線では大切な彼女が不幸であり、その原因が子供の頃の出来事の一つのせいと知る。
エヴァンは日記を使い、特殊能力でその出来事へ記憶を飛ばす。
そして、彼女のために正しい行いをして、現在へと戻ってくる。
しかし、その行為がバタフライエフェクトとなり、戻ってきた現在が修正されている。

戻ってきた世界は友人が引きこもりになり、自殺を考えてしまう。
絶えられなかったエヴァンは日記を使い、引きこもりになった出来事へと飛ぶ。
それを修正すると、今度はエヴァンの両腕が事故で無くなってしまっていて、
さらに愛する人はその友人の恋人になっている。

今度はその出来事を修正するために、また過去へと飛んでいく。
母を病気にしたり、彼女がさらに不幸になったりと、修正すればするほど苦しい現実を見せられるエヴァン。

このすべての原因がが「最初の記憶喪失の時」だった。

大切な彼女との出会い。
彼女と出会わなければ、全員が幸せに暮らせるとわかってしまった。

エヴァンはすべての思いを断ち切って、彼女との最初の出会いで憎まれ口をきいて、嫌われるようにする。

そして現在に戻ってくると、すべてがうまくいった。

でも、彼女はまったくの他人になってしまい、今どこにいるのかもわからない。

これがいいんだ、と新しい生活を始めるエヴァンの前に彼女が現れる。
一瞬のすれ違い。
エヴァンは彼女の姿を見て懐かしく思うが、彼女と関わることは許されない、
と彼女を背にして歩き出すという終わり方だった。

私の本心としては、エヴァンにはすべてにおいて幸せになって欲しかった。
友人も家族も平穏な生活が送れて、そばには彼女がいるという人生。

DVDにはアナザーエンドが収録されており、最後のシーンで彼女と出会いの挨拶をしたり、彼女をストークしたりと作られていた。
でも、それをしてしまうと、今までのエヴァンの行動が全く無意味になってしまうので、
本編としては採用されなかった。
私もそれはそうだと思う。

この映画のエンドは「彼女の人生からエヴァンを取り去る事」以外の選択肢はなかったと思う。
最愛の人と周りの人の幸せのために、自分だけが最愛の人との記憶を持っている事のせつなさが伝わってきた。

これを踏まえて、シュタインズゲートをプレイし、すべてのエンディングを見たときに、
あぁ、バタフライエフェクトをハッピーエンドにしてくれた。
と、勝手に感じてしまった。

まゆりを助けるために、色々な人の思いを断ち切って、あがきもがき苦しんできたオカリン。
クリスとの出会いや過ごした時間、クリスの命を犠牲にして、まゆりを救った。
後にクリスの命を助け出たが、クリスには自分の記憶がないし、ほぼ他人状態。
これしか選択は無かったはず。

けど、彼女と再会をし、一緒に過ごしてきたときの記憶が奥深くにあり、
もう一度一緒に過ごせる希望に満ちたエンディングだった。

オカリンの想いが結ばれた瞬間だった。

エヴァンがオカリンになり、想いが遂げられた気持ちになった。

すばらしい展開だった。
とても感動した事によってシュタインズゲートを作った人たちなら、
私の願いをかなえてくれるかもしれない、と変な希望もでてきてしまった。


という事でここから映画マルホランドドライブについて。

この映画も私は大好きで、見たあとの想いは忘れられなかった。
心が苦しくなる感じを味わった。

この映画の前半2時間半はダイアンの夢の中の出来事で、
見ている観客は現実になっているように錯覚させられる。
最後の15分ですべての真実、現実があらわになる。

夢の中のダイアンは女優を夢みて、売れっ子女優のおばを頼りにハリウッドに出てくる。
そこで記憶喪失になったリタという美女と出会い、愛し合う事になる。
リタの記憶を呼び戻す手伝いをしていくうちに、だんだん現実に近づいてきてしまう。

夢の中はすべて順調で、カメラテストを受ければ優秀な演技で周りを魅了し、
監督に会えば監督は自分を気にしまくる。
すべてが順調なのだ。

一方その監督は奥さんに浮気され、ペンキまみれになったり、
とある殺し屋は1人殺すのに失敗して3人殺すドジを踏んだり、
自分以外は上手くなってない。

現実の彼女はリタとの恋人関係の終わりを告げられ、
監督はリタを起用し大女優に成長させ、そしてリタと結婚することになる。
自分はリタのお情けでチョイ役をやる程度で、収入はウェイトレスと体を売る事だけ。

最愛のリタに裏切られ、ついに殺し屋を雇ってしまう。

ダイアンは殺したい、けど愛してる、という感情から、
殺し屋に失敗して欲しいと願うが、現実は殺し屋がリタを殺した証拠がある。

最愛の人が死んでしまった。
自分が殺した。

ダイアンは小人から攻めたれられる幻覚を見るようになり、自分で自分の頭を銃で打ち抜いてしまう。

ダイアンが見ていた夢は打ち抜いてから、死ぬまでに見た夢であった。

とても辛い現実だったが、最後の死ぬ瞬間は幸せな夢を見て死ねたはず。と思いたい。


映画はダイアンの死、辛い現実があってこその物語である。
これで完成で、これ以上は望まない。
でも、別の方法をとればダイアンも幸せになれるのでは、と何度も思ってしまう。
ゲームにアレンジして、矛盾なくダイアンを現実でも幸せにしてあげたい。

これを題材にハッピーエンドへつなげる物語を作って欲しいと考え、だらだらと書きました。




端折りながらですが説明も書いたので、すごく長文の上分かりにくいところも多々あります。
最後まで読んでくださってありがとうございます。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
※このご連絡は、NTTコミュニケーションズが運営する
“My”アフィリエイトの広告プログラムをご紹介する目的で行っております※
突然のご連絡失礼いたします。“My”アフィリエイト スカウト事務局の松嶋と申します。
現在、大手企業様のプロモーションにご協力いただきたい優良なサイト様に個別にお声掛けさせていただく活動をしております。
サイトを拝見し、ゲームについての内容が充実しており、多くの方が更新を楽しみにされているのではないかと感じ、
ご連絡をさせていただきました。
ご協力いただきますと特典もございます。詳細をご確認後にご判断いただいて構いませんので、
ご興味がございましたらご連絡をお願いいたします。

▼詳細メール申込フォーム  http://www.repo.jp/scouting/
※必須入力項目:エントリーコード『121』 、サイトURL『http://lenifill.at.webry.info/』

ご返信にて詳細をご案内させていただきます。
この度のご連絡で不快な思いをされた方には誠に申し訳ございません。
ご検討のほどよろしくお願いいたします。
“My”アフィリエイトスカウト事務局
2009/11/27 12:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
シュタインズゲートと映画バタフライエフェクト【ネタバレ】 レニフィルのゲーム日記/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]